Close To You の続き。 自然観察大好き~♪


by himeji555
カレンダー

カテゴリ:ボルネオ観察旅2015( 41 )

BRLでの重なる不運は、あのゾウの母仔との遭遇で一掃された。

さぁ、後はフライトに間に合うように飛ばしておくれ~~~

20分程爆走したところで急ブレーキがかかった。

「オラン!オラン! ビッグ・メイル!!」

すかさず前席の二人の間に顔を突っ込んで~(¬o¬)----☆

・・・
なんで?! 道のど真ん中、でっかい毛玉が歩いている~(@_@;)

周囲は、森というには木がまばらで、明るく開けた場所だった。

オラン氏は右手のブッシュに入り、その続きの木を、長ぁ~い腕でひょいひょい登り始めた。
c0369423_23203889.jpg


そして枝の分かれ目までたどり着くと・・・
c0369423_23205356.jpg


等倍切出し
c0369423_23211147.jpg


腰を下ろしたように見えた。
c0369423_23213168.jpg

強い雄の印であるフランジ(Flange)と呼ばれる頬だこ が、顔の両側に出っ張っている。

「こーんな立派な♂、初めて見たわ~~~w( ̄o ̄)w 」

「ダナンバレーの森でもこれ程のは見たことないなぁ~、ずいぶんとオランは見てるけど。」

「しかもこんな間近でね~!」


オラン氏はその高みで葉っぱを取って食べ始めた。

フランジ付きの立派なワイルド個体を至近距離で肉眼観察できるなんてラッキー♪

そのまましばらくは動き出しそうな気配がなく、時間が押していたので、残念だけど車中の人となった。

ん?

指の付け根から鮮血がぁー!
c0369423_23242583.jpg

出血は止まっていたのに、立て続けの興奮MAXでアドレナリンが出まくったみたい。(爆)

さぁ早く空港へ!

しばらく走って、またスタッフが何か見つけたようで、「猿、いますよ、観ますか?」

オナガザルのようだったが、もうヘトヘトで見る気力がどこへやら。。。


ラハダトゥに入る幹線道路は大渋滞で、到着はギリギリ。

さらば~ラハダトゥ(^O^)/
c0369423_2325349.jpg

ここで、スタッフからもらっておいた接着ねちゃねちゃ布絆創膏に貼り換えて、

眼下に、蛇行する川
c0369423_23254528.jpg


だんだん雲が増えて、キナバル山は拝めなかった。
c0369423_2326186.jpg


因みに、行きの4月15日朝6:32に機上から撮ったキナバル山。 
c0369423_23261728.jpg

この時はまだロバの耳はちゃんとあった。

ここであらたまって、6月5日にキナバル山で起きた地震で亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。

また被害に遭われた多くの方々にもお見舞い申し上げます。 どんなに恐ろしかったことでしょう。


コタキナバルで、次のクアラルンプール行のフライトを待つ間に見た夕日。
c0369423_2327587.jpg

あぁ~やれやれ~あと12時間後は関空だな~( ´△`)

が、しかし、ところがどっこい、どうしたことか、いや然も有りなん、そんなアホな~~~~

クアラルンプールの出発ゲートでチケットを示したら、

「あっ、この便、飛びません。こっち付いて来て~食事券差し上げますから。」

なんで?!と問うても理由の説明がないのがいかにもマレーシア航空 ゛(`ヘ´#) ムッキー

2時間以上遅れの夜中の3時に機上の人となって、日本人CAのアナウンスでやっと事情が分かった。

機体の整備のため・・・だったそうな。

まぁ事故るよりはいぃかな~。

おしまい。m(__)m




撮影機材:

OLYMPUS OM-D E-M1+ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO+ 1.4x テレコンバーターMC-14

OLYMPUS OM-D E-M5+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

OLYMPUS STYLUS TG-3 Tough
[PR]
by himeji555 | 2015-07-09 23:35 | ボルネオ観察旅2015 | Comments(2)
ラハダトゥに向けて12時半にBRLを出発。

ランドクルーザーの前席にはBRLのスタッフ2名、後席にはMatsuだけ。

昨日のスコールは焼け石に水だったんだなぁ~と思わせる景観の中、

土埃を巻き上げ、シートから身が浮くような爆走振りで50分程行った辺りから・・・

行く先々にゾウの糞が点々と・・・(¬o¬)----☆

封印したカメラバックを引き寄せて、コンデジを探り当てて、上下左右に揺さぶられながら~

爆走しながらの10分間に、ひたすら撮ったゾウの糞。

c0369423_1447849.jpg


c0369423_14471735.jpg


c0369423_14472530.jpg


c0369423_144732100.jpg


c0369423_14474018.jpg


c0369423_14474746.jpg


c0369423_14475595.jpg

大きいのや~小さいのや~皆どれも出来立てほやほや感が見てとれた。

「こんなにいっぱいの糞、しかも新鮮なの、見たことないわ~(◎-◎;)!!」

「私らもこんなの初めて! 昨日の夕方からゾウが出て来てるって、ここを通ったスタッフが言ってました。」

「あのスコールの後?」

「そう、あの雨で森から出て来た。まだ近くにいるかもしれませんね。」

「・・・!!!・・・何頭ぐらい?」

「いっぱい! 多分、とってもいっぱい!」


「母仔のゾウだっ!」
c0369423_14485981.jpg

かなり手前で、ドライバーが車を止めた。 こそぉ~って感じで。

母ゾウは、こっちに睨みを利かせながら、仔ゾウを茂みの中へ追い立てた。
c0369423_14491960.jpg


c0369423_14493067.jpg


c0369423_14493814.jpg


この後、母ゾウがこっちに突進する様相をみせたもんだから、車は急バック発進!

大きな耳をバッサバッサ扇ぎたて、鼻をグワァ~ングワァ~ンと揺さぶり、こちらに高く持ち上げてみせた。

母ゾウの威嚇は半端なく恐ろしかったが、この 『予告なしの後ろに猛発進』 も十二分に恐ろしく、

恐ろしい×恐ろしい=めっちゃくっちゃ恐ろしい~~~~||||||||/(≧□≦;)\|||||||


仔を茂みの奥へ逃がすまで、立ちふさがって道を通さないつもりらしい。

遂には前脚で地面に蹴りを入れる仕草までし始め、威嚇というか、子を護るゾォー!の覚悟を全身で示していた。
c0369423_14504671.jpg


c0369423_14505613.jpg


c0369423_14511335.jpg


あのぉ~貴女の大事なお子様に危害を加えようなんて全然思ってませんから!

フライトに間に合うように早く空港に着きたいだけですから、どーかそこをすり抜けさせて下さい~(-人-;) 

怒れる母ゾウに懇願は届かず、またこっちへ突進する様相を見せた。

で、また急バック発進!
c0369423_1452898.jpg


車を前脚で踏みつけられたら、あのお鼻で叩き潰されたら、ひとたまりもないのは素人目にも明らかだった。

ここで死ぬかもしれないという恐怖を初めて覚えた。

で、この期に及んでやったことは、標準ズームをカメラにセッティングして遺書代わりの撮影を~(爆)
c0369423_1453321.jpg


母と仔の姿。 (等倍切出し)
c0369423_1454259.jpg


               フルスクリーンモードで観ると、少しは恐ろしさを感じ取っていただけるかも~(ノ_-;)



ちょっと通してもらうだけだから、心配させてごめんね~~~(-人-;)

すり抜けざまに、車中のヒトに向かって怒れる母ゾウ (左黒縁は後部座席の窓枠、40mmで撮影)   
c0369423_22443296.jpg

恐ろしかった~~~(>_<)

逃げる車を威嚇していた母ゾウ。
c0369423_14561860.jpg


足止めを食らった時間を取り戻すように、車は更に加速して、糞を避けながら爆走した。

 
♪ゾォ~オさん ゾォ~オさん お~鼻が長いのね~ なんて・・・もう天真爛漫には唄えないと思う。
[PR]
by himeji555 | 2015-07-08 15:07 | ボルネオ観察旅2015 | Comments(2)

カミキリムシの仲間
c0369423_1431054.jpg



ムシヒキアブの仲間
c0369423_14311198.jpg



イナゴの仲間
c0369423_14312090.jpg



コオロギの仲間
c0369423_14313090.jpg


c0369423_1431412.jpg



ナンヨウベッコウトンボ  Neurothemis terminata  ♂
c0369423_14315698.jpg


ナンヨウベッコウトンボ♀
c0369423_143293.jpg



Spine-tufted Skimmer(Orthetrum chrysis)交尾
c0369423_14322010.jpg



タマムシの仲間
c0369423_14323977.jpg



カメラが★になってガックリ来てるところに、左薬指の内側の付け根に・・・||||||||/(≧□≦;)\|||||||

思わず振りほどいて、地面を逃走するヤマビルの仲間のタイガーリーチ / Tiger Leech
c0369423_14334284.jpg

それまでずっと手袋を付けてたのに、最後の最後に気を抜いて、見事に隙に付け入られた。

スタッフに止血を頼んだが、溢れ出る血で絆創膏がくっ付かない。(>_<)

何枚も重ねても、押さえつけても、止まらない。

ケースの底から見つけて「こんなので利くかなぁ?」と張ってくれた布絆創膏がピタッと漏れを止めた。w( ̄o ̄)w

いわゆる傷テープなる商品が出回る以前に使われていたような古手の絆創膏で、

剥がす時に「痛っ!」って悲鳴が出て、いつまでも接着ガムが皮膚に残ってねちゃねちゃするよなシロモノ。

余分に傷テープを差し出されたけど、「これ!ちょうだい!」と残る1枚の旧式(あるいは現地製?)接着ねちゃねちゃ布絆創膏をもらった。(*^^)v


最後の最後にエライ目が重なり、もうBRLに残念な印象しか残らないなんて嫌だから、

ここはどうしても、この難局を面白がるしかない!

という次第で~5リンギッド(約150円ぐらい)を支払って認定証をGET!
c0369423_14394681.jpg

おめでとう!
Matsuは、2015年4月20日にダナンバレー自然保護区のタイガーリーチに献血し、
そして今や「ダナンバレー献血協会」の会員であることを証明します。



身も心も疲労困憊。 

カメラをきっちりバックに収め、もうボルネオの地で取り出すこともないだろうと封印した。
[PR]
by himeji555 | 2015-07-06 14:47 | ボルネオ観察旅2015 | Comments(8)
キャノピー・ウォークからメインロッジに戻り、BRLでのアクティビティは全て終了。

BRLを発つまでの2時間半で、存分にトンボを撮りたい!

ナイトウォークの時に蛙や蛇が活動していたあの小池へ~ε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ


10時過ぎの小池には陽が当たって~  あんたら、今までどこに隠れて居たの?!
c0369423_223968.jpg



フチドリベッコウトンボ♂/ Red Grasshawk (Neurothemis fluctuans)
c0369423_2232854.jpg


等倍
c0369423_2234751.jpg


交尾
c0369423_224377.jpg


フチドリベッコウトンボ♀
c0369423_2242664.jpg



Spine-tufted Skimmer♂(Orthetrum chrysis)
c0369423_225101.jpg



ファリノサアオビタイトンボ♂ /Black-tailed Dasher ( Brachydiplax farinosa)
c0369423_2265217.jpg


c0369423_22732.jpg



インシグニスホソアカトンボ♂ / Grenadier, Red Swampdragon (Agrionoptera insignis)
c0369423_2254620.jpg


c0369423_22619.jpg



Tetrathemis irregularis hyalina ♂
c0369423_2274287.jpg


c0369423_2275475.jpg


c0369423_228510.jpg



Pseudagrion pilidorsum declaratum ♂            cf. アカナガイトトンボ♂ Pseudagrion pilidorsum pilidorsum
c0369423_2282689.jpg


c0369423_2283981.jpg


c0369423_2285335.jpg

イトトンボの仲間がオベリスク姿勢しているのを見たのは初めてだった・・・かな?


Tyriobapta torrida♂
c0369423_2210121.jpg


チョコ色に縞のあるアメンボ
c0369423_22112997.jpg



ミズスマシの水の輪
c0369423_22114790.jpg


水面から目を上げて、周囲の樹木を覗き込むと~

プラエモルススアオイトトンボ♂(Lestes praemorsus decipiens)
c0369423_22121363.jpg


c0369423_2212227.jpg


c0369423_2212404.jpg



なんか・・・大きなトンボ (◎-◎;)!!・・・ヤブヤンマみたいな・・・
c0369423_2213056.jpg


ミナミヤブヤンマ♂ (Indaeschna grubaueri )
c0369423_22145487.jpg


c0369423_221582.jpg

ボルネオでヤンマ科のトンボを撮ったことがなかったので大興奮~(*^^)v


ところが、どうした訳か、この辺りから、カメラに不具合が生じ始めた。

シャッターが切れたり切れなかったり、突然画面が真っ暗になったり、・・・

遂には再起動にもバッテリー交換にも無反応。。。 ||||||||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン||||||||||||||||

標準ズームとコンデジとでは、到底被写体には手が届かなかった。

呆然自失。(ー。ー)
[PR]
by himeji555 | 2015-07-04 22:19 | ボルネオ観察旅2015 | Comments(2)
最終日は、アクティビティ1つと自由散策で12時半出発までを過ごした。

ケイとゲイのカナダ組はお昼のフライトの都合で朝食後にBRLを発ったので、お一人様アクティビティ。

「どのトレイルを歩こうか?」と持ちかけられ、迷わず~「キャノピー・ウォーク!」

高い所が好き♪とか、ゆらゆら揺れるのが堪らん!とか、Mr.Fukuyamaの気分をもう一度♪とか、・・・

そんな理由からではない。


2015.7.6 追加画像  BRLのビジタース・ブックの置いてあるデスク
c0369423_14224422.jpg



そもそもキャノピーからの生きものみっけ!率は格段に低い。

「ふぅ~む、Tekara Trailを通って戻りたいんだね~d(-_^) 」  ・・・図星!

前日のキャノピー・ウォークのアクティビティでは、対岸に行き着いたら

なんとまたキャノピーを歩いて引き返すと宣告され、がっくり気落ちしていた。 

谷を迂回するテカラ・トレイルをぐるっと歩いて戻るものとばかり思っていたのに・・・。

ラハダトゥからのメインロードでもあるそのトレイルは、両側に明るく開けた草地があり、

チョウなどが活動し始めるその時間帯にぜひ歩いてみたかったのだ。

前日のスコールのご利益を期待して~GO!


キャノピー・ウォークの大樹から見上げる空
c0369423_184696.jpg


以下、テカラ・トレイルを歩きながらメインロッジに戻り着くまでに見たチョウたち

シジミチョウの仲間
c0369423_1842318.jpg


ジャノメチョウの仲間
c0369423_1843223.jpg



c0369423_1851082.jpg



c0369423_1851834.jpg


パティアナコジャノメ?
c0369423_1853018.jpg



スジグロカバマダラ / Common tiger
c0369423_1854487.jpg



セセリチョウの仲間 
c0369423_1855650.jpg


c0369423_186648.jpg



シジミチョウの仲間
c0369423_1875118.jpg



ウスイロキチョウ / One-spot Grass Yellow
c0369423_188459.jpg



道の水溜まりに、 ツマベニチョウ / Great Orange Tip
c0369423_1882451.jpg



c0369423_1885348.jpg



c0369423_189454.jpg



c0369423_1892364.jpg



c0369423_1893898.jpg



c0369423_1894978.jpg



c0369423_1895972.jpg



c0369423_18101167.jpg

あぁ~よく遊んでもらった。(^^♪


ウスイロネッタイヒョウモン / Common Yeoman
c0369423_18105140.jpg




蝶の集団吸水を見るのが今回の観察旅の目的の一つだったけど、

結局、タビンでもダナンバレーでも叶わなかった。

まぁこれでまた行く口実ができたかも~(^^ゞ
[PR]
by himeji555 | 2015-07-02 18:15 | ボルネオ観察旅2015 | Comments(8)

コシラヒゲカンムリアマツバメ / Whiskered Treeswift
c0369423_21305360.jpg



ツバメ / House Swallow   水溜まりで泥集め中
c0369423_2131726.jpg


巣作り
c0369423_21315939.jpg


c0369423_2132932.jpg


c0369423_21321787.jpg



コゲチャキンパラ / Dusky Munia  身繕い中
c0369423_21324049.jpg



シキチョウ / Oriental magpie-robin
c0369423_21325095.jpg



ムナオビオウギビタキ / Pied Fantail   正面顔が可愛かった~♪
c0369423_21332210.jpg



ヒヨドリの仲間
c0369423_21333027.jpg




c0369423_2133438.jpg




c0369423_21335667.jpg




c0369423_2134914.jpg



ルリノドハチクイ / Blue-throated Bee-Eater   上の個体は蛾か何か?捕食中。
c0369423_21351265.jpg



スズメ / Eurasian tree sparrow
c0369423_21354443.jpg

この子も巣作り中なのかな?
[PR]
by himeji555 | 2015-07-01 21:38 | ボルネオ観察旅2015 | Comments(0)

ウオクイワシを見たその足で、カブトムシの生る木にGO!

6:14、ようやく少しずつ明るさが増してきた。

「え~カブトムシは~(¬o¬)----☆ 」 とバナナの木を覗き込む私のすぐ脇・・・

ミケリスがやって来た!(◎-◎;)!!
c0369423_2147176.jpg



バナナの実を~むしゃむしゃ~~
c0369423_2147192.jpg



茎の折れ目を~なめなめなめ~~~
c0369423_21473068.jpg


えーーーっ!カブトムシ、食べるの?!
c0369423_21474355.jpg



命拾いしたカブトムシ・・・そりゃあ~見るからに硬そうだもんね~(>_<)
c0369423_21475698.jpg



バナナの花も~ちゅばちゅばちゅば~~
c0369423_2148557.jpg



あっち覗き、そっち覗き、・・・お腹はベンガラ色してるんだね~(@_@)
c0369423_21481991.jpg



何かGET!
c0369423_21483142.jpg



口周りを粉だらけにして・・・蛾?をむしゃむしゃ~~
c0369423_21484417.jpg


・・・おいしかった?
c0369423_2149075.jpg



なおもゴソゴソ・・・  オモロイ蛾はスルー。
c0369423_21491043.jpg



バナナの木の隣の手すりにひょい!
c0369423_21492349.jpg


あちゃあー! ←ブルースリー的に(笑)
c0369423_21493665.jpg


GET! むしゃむしゃ~~
c0369423_21495469.jpg



2番手のミケリスがやって来た!(◎-◎;)!!



ダヌム川の対岸の森から響いてくるミュラーテナガザル♂の鳴き声と鳥たちの声も。
[PR]
by himeji555 | 2015-06-30 21:50 | ボルネオ観察旅2015 | Comments(0)

翌4月20日の早朝、味を占めて(笑)、河畔デッキにGO!

昨日ほどの水量はなかったが、本流は土色に濁って滔々と流れ~
c0369423_2154573.jpg


河川敷に生きものの姿が見つけられなかったので、早朝の音録りを兼ねて録画撮影していた。

すると、昨夜マレーウオミミズクが居た辺りから何かが飛び立った。(◎-◎;)!!

録画画像から切り出した証拠画像。    わたし、証拠写真が命!なもんで、ご容赦を~m(__)m
c0369423_2274998.jpg


望遠に持ち替えて~

あれは・・・(・・?・・・ミサゴみたいな・・・でもそれとは違う猛禽類のような???  
c0369423_21583173.jpg


等倍切り出し画像
c0369423_21584142.jpg


c0369423_21585079.jpg


鳥屋さんの掲示板でお尋ねしたら、

ウオクイワシ / Grey-Headed Fish-Eagle あるいは、コウオクイワシ / Lesser Fish-Eagle

その辺りではなかろうかと教えていただいた。

狩りをするところを見ていないけど、あんな眼光で睨まれたら一溜りもないだろうな~(>_<)


そうそう!

濁流にもまれて浮き沈みしながらも対岸を目指す・・・多分、ミズオオトカゲ
c0369423_2205756.jpg



雨のお陰で、想定外の生きものたちにたくさん出会えたダナンバレー最終日の始まりだった。
[PR]
by himeji555 | 2015-06-27 22:05 | ボルネオ観察旅2015 | Comments(2)

残念極まりなかった2回目のナイトドライブを降りてから、

もしや~もしや~で河畔デッキにGO!

20:54、スイロクが3頭、草を食んでいた。
c0369423_21474614.jpg


外灯で仄かに照らされた川っぷちに鳥みっけ!

増水して濁流となった川面を凝視しているマレーウオミミズク
c0369423_21483020.jpg


はたっと飛び退って、こっちに気付いたらしく・・・
c0369423_21484530.jpg


また飛び・・・跳び退いて背を向けた。
c0369423_21485912.jpg


くるりと顔だけこっちに向けて~
c0369423_21491263.jpg


そんなにこっちが気になる?

また川縁に戻って~ 川面をジィーーーーーー
c0369423_21494452.jpg



c0369423_21495672.jpg


5分間の出来事。

獲物はGET!できたのかな?




(撮影:f/4、1/10s、ISO-25600、210mm、フラッシュなし )
[PR]
by himeji555 | 2015-06-27 21:50 | ボルネオ観察旅2015 | Comments(0)

↓の「ムナオビオウギビタキの恋路♪」を見た足でダヌム川の様子を見にGO!

17:00、河畔デッキに着いて見下ろすと、川は大増水し、本流と繋がった元水溜りに・・・(◎-◎;)!! 

体長2m程もありそうなミズオオトカゲが、流木の間を覗き込んで何やら物色中。
c0369423_21373086.jpg



目が合った。。。    不敵な面構えにオバサンはフリーズ(>_<)
c0369423_21374465.jpg



するっと向きを変えて本流の方へGO!
c0369423_21391832.jpg



中洲に上陸し・・・
c0369423_21393022.jpg



尚も本流目指して石ころだらけの中洲をのったりくったり進む。
c0369423_21395837.jpg



やたら膨らんで見えるお腹が気になる。
c0369423_21402026.jpg

食事後だからなのか、妊婦さんだからなのか、元々の自腹なのか、不明。

本流に到達し・・・
c0369423_21403879.jpg


濁流に揉まれながら流れ去り・・・
c0369423_21404983.jpg


それを見届けようと追う視野の端っこに・・・動く何かを察知!

まぁ~ちっこいミズオオトカゲ~♪
c0369423_21412096.jpg


トットコ、トットコ、身軽に走る。
c0369423_21413550.jpg


流れに乗って・・・
c0369423_2141477.jpg

やがて本流に合流して見えなくなった。


ふぅーん、増水すると、こんな大物もお出ましになるんだ~(@_@;)
[PR]
by himeji555 | 2015-06-27 21:42 | ボルネオ観察旅2015 | Comments(2)