Close To You の続き。 自然観察大好き~♪


by himeji555
カレンダー

ボルネオに棲むゾウだからボルネオゾウと言ってしまうけど、正しくはアジアゾウ。


4月15日朝9時頃にタビン着。

昼食前、足慣らしのために、ガイドに伴われてリゾート付近を散策した。

リゾートの出入りゲート近く、野生生物保護区とアブラヤシのプランテーションとの境界線になっている道路上で~みっけ!

出たてホヤホヤのゾウの糞。
c0369423_23515411.jpg


その先のリパド川まで、ホヤホヤの落し物が続いていた。
c0369423_23522254.jpg


リゾートに引き返す途中、保護区側の草地が踏み倒されて道のようになった跡が・・・(@_@;)
c0369423_23531747.jpg

ゾウが通った跡だと聞いた。

ゾウに出くわすと危険だから、実際、突進されて死人も出ているから、それにさっき「バオォォォォ~~~!」が森に轟いたから、

リゾート周辺であっても絶対に一人歩きをしないように! とガイドにきつく釘を刺された。


午後4時半過ぎ、イブニング~ナイト・ドライビングのアクティビティにGO!

トラックの荷台にガイド3名とビジター8名が乗り込んで、保護区とプランテーションとの境界線=幹線道路上からの生きものを探す。

16:40、リゾートの外に出て、昼間にゾウの痕跡をたくさん見た辺りが見えて来た時、

ガイドがぱっと身構え、押し殺した声で~「ゾウ! 群れでたくさん!!」

あの踏み分け道の延長上に~みっけ!
c0369423_23565971.jpg



c0369423_2357161.jpg


トラックのヒトの気配に、群れは動きを止めて塊になった。  なんか・・・穏やかでない。(>_<)
c0369423_23573352.jpg



しばらくして・・・スコールでしっぽり濡れた柔らかい草を食み始めた。
c0369423_23584062.jpg


母仔はぴったり寄り添っている。
c0369423_23585781.jpg


年の頃は分からないけど、小象も柔らかい草を食む。母さんから片時も離れない。
c0369423_23591037.jpg


急に母ゾウが耳をパタパタさせ、鼻を振ったりして、トラックに向けて威嚇!
c0369423_23593512.jpg


ごめんごめん! もう引き上げるから。ゆっくりしっかり食べてね~( ´△`)

もうこの1枚で退却するからね。
c0369423_002861.jpg


トラックの荷台から見た道路。
c0369423_004335.jpg

左側が保護区で、右側が地平線まで切り開かれたプランテーション。

保護区側が野生生物の駆け込み寺になっている現実を目の当たりにした。
[PR]
# by himeji555 | 2015-04-29 00:02 | ボルネオ観察旅2015 | Comments(4)
ロッジ脇を流れるリパド川の上流方向を吊り橋から望む。
c0369423_15213495.jpg

川沿いの木道の途中にある観察小屋から~みっけ!

コツメカワウソ (Aonyx cinerea)
c0369423_1522213.jpg


気の合うお連れなのかな? 
c0369423_15223051.jpg


c0369423_15224020.jpg


c0369423_15224913.jpg


c0369423_15231181.jpg


片方が魚をGET!
c0369423_1523326.jpg


その名の通り、爪が小さいんだね~(◎-◎;)!!
c0369423_1524499.jpg


分け前を欲しがらないの?
c0369423_15253797.jpg


欲しげに見えるけど~^m^
c0369423_15254997.jpg


また流れに戻って漁の続き。
c0369423_1526041.jpg


この深溜まりには群れをなして出没することもあると聞いた。

ただとても警戒心が強い。

レンズの動きに気付くと即、潜行された。

観察小屋から出て、川岸斜面のシジミチョウを狙っている時には、人の姿が顕わであっても知らんぷりなのに。

小心だけど大胆なんだね~(^^)
[PR]
# by himeji555 | 2015-04-28 15:46 | ボルネオ観察旅2015 | Comments(2)

リパド川に沿って建つタビン・リゾートは常に川音がしていて、

すぐ眼下の渓流に下りればカワトンボの仲間などもみつけられそうな感じだったが、

”バオォォォォ~~~!”と異様に警戒感溢れるゾウの声がリゾートに響き渡ると・・・

施設内の小池に一人出向くのも、なんとなくおっかなびっくり・・・(>_<)

ここはやはり安全第一!

建物を繋ぐ木道や建物の周りでの限られた範囲での観察に留まった。

存分に徘徊して探せばもっと多種のトンボがみつかりそうな環境だったのに・・・惜しまれる。


Rhodothemis rufa ♂   パッと見、ショウジョウトンボ似。
c0369423_2138262.jpg


c0369423_2138386.jpg



ナンヨウベッコウトンボ Neurothemis terminata ♂
c0369423_21384956.jpg


ナンヨウベッコウトンボ Neurothemis terminata ♀
c0369423_21385811.jpg



フチドリベッコウトンボ Neurothemis fluctuans ♂
c0369423_21391068.jpg



Agrionoptera insignis ♂
c0369423_21392120.jpg



Diplacodes trivialis ♂
c0369423_21393251.jpg



コフキショウジョウトンボ Orthetrum pruinosum neglectum ♂ 
c0369423_21395147.jpg

[PR]
# by himeji555 | 2015-04-27 21:48 | ボルネオ観察旅2015 | Comments(0)